vol.1 2016夏

vol.2 2016秋

黒青 森びより

夏 2016夏季号 vol.1

スタッフレポート 浅香山部屋へ訪問しました

アイデアレシピ

収穫日記

健康歳時記

Q&Aなんでも相談室

編集後記

  • 鶏肉をひと口大に切り、ハーブソルトを全体に振った後、フリーザーバックにヨーグルトを合わせて入れ、冷蔵庫で1時間ほど漬け込む。
  • フライパンにバターを入れて溶かし、にんじん・玉ねぎ・黒ニンニクを入れ、炒める。
  • 1で作った中身全てと、トマトピューレ・水を入れ、15分ほど中弱火で煮込む。
  • 一旦火を止めルーを入れとかす。
  • 再び火をつけ、ひよこ豆を入れ、時々かき混ぜながら弱火で5分ほど煮込んだら完成。
スタッフ中川による 健康歳時記(夏)

秋に備えて夏バテ対策を

 外は暑く、部屋の中は酷寒。最近の空調は一時期よりずっと人の身体にやさしい設計になってまいりましたが、それでも寒暖の急激な差は自立神経をくるわせ、食欲不振や倦怠感を招きます。特に内臓の働きが弱まると、血の流れも滞り、身体全体の調子が悪くなる…いわゆる夏バテ状態です。
 そこで、血流を良くすると言われる食材を積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。大豆、ソラマメ、ダイコン、ニラなど、繊維質の多い食材がおススメです。ダイコンは消化を助ける食材としては有名ですね。また、忘れてならないのが黒にんにく。ポリフェノールに加え、S-アリルステインという成分が多分に含まれ、血液をサラサラに近づけてくれます。暑さに負けず、体調を整えて、おいしい秋を楽しみに待ちましょう。

福地ホワイト 収穫日記

 夏の始まる少し前、6月から7月にかけて、黒にんにくの元になる「福地ホワイト」を収穫してまいりました。天候に恵まれ、山間の風がきもちよくそよぐ中、元気なにんにくが顔を出します。この時期になると、青々としていた葉の色が黄色っぽく変色していきます。全体の3割~5割の葉が黄色くなるのを見極め、収穫をスタートいたしました。皆様の食卓に並ぶ姿を楽しみにしています。

問と答 Q&Aなんでも相談室

定期コースを利用しておりますが、余ってしまうのですが。

毎日1日1片~2片ずつお召し上がりいただいていますでしょうか。黒にんにくは毎日続けて食べることにより効果が実感できる商品です。延長も可能ですので、その時は次の配送の10日前にご連絡いただければ、ご要望に合わせて延長できます。

黒にんにくはいろいろありますが、どれも同じですか?
種類による違いはあるのですか?

現在各社黒にんにくが販売されておりますが、製造方法他それぞれ違いますので、同じではありません。黒青森は深層海洋水に漬け込むことによって、豊富なミネラルをにんにくに含み、他社とは違うおいしい黒にんにくをじっくりと時間をかけて熟成製造しております。

食べ始めて、どのくらいで効果を実感できますか。

個人差はありますが、黒青森を食べ始めて2~3ヶ月ほどで「朝スッキリと目覚められる」「体調が良くなってきた」「お肌の調子が良くなってきた」など、効果を実感される方が多いです。

先頭に戻る

ホームに戻る